札幌 禅堂 仏 臨済禅

多くの寺は菩提を弔うため創建されますが、瑞龍寺は廃仏毀釈の法難さめやらぬ百十余年前の札幌で,臨済禅に拠り己中の仏を探す八名の居士と、聖僧といわれた師家松原盤龍老師が人を活かすために、御身を削り、修行道場として建立した臨済宗妙心寺派の禅寺です。その志は今に伝えられ、毎朝の坐禅と独参に「喚鉦の鳴らない日はない寺」と言われました。

新しいお知らせ 年中行事の詳細は[年中行事]のページをご覧ください

  • 瑞龍寺ホームページをリニュウアルしました。以前の瑞龍寺ホームページ(北海禅道会)の坐禅、参禅のページは、当ページの【北海禅道会】に移動しました。
  • スマートホン用のページは未作成です。完成まで時間を要しますので、お手数ですが当面PCでご覧ください。
  • 花園会だより」がホームページでもご覧いただけます。別冊版として「生き活き通信」を発刊いたしました。
  • 5月18日(金)「開山忌大法要」と「梅祭」を催行します。 近隣の皆様も気軽にご参加ください。

終了した行事について新着情報 詳しくは【法要と法話】のページをご覧ください

  • 4月8日(日)  降誕会花祭り法要を催行いたしました。
3月18日(日)
春の彼岸法要を厳修いたしました 。
1月7日(日)
「大般若会」を厳修いたしました。
11月23日(木)
瑞龍寺開山忌法要を厳修いたしました。
このページの先頭へ                 カウンター

バナースペース